Bibox(ビボックス)で購入する前に口コミ、評判をチェック!

中国に拠点をおく仮想通貨取引所ビボックスは2017年11月25日にオープンしました。
オープンから1年経っていませんが、取引量で現在世界10位まで上昇しています。
人気上昇中のビボックスについてご紹介します!

Bibox(ビボックス)運営会社は?

取引所名 Bibox(ビボックス)
取引銘柄数 約40銘柄
設立年月日 2017年11月

Bibox(ビボックス)のメリットは?

Bibox Tokenを使用で手数料が0.05%

Bibox(ビボックス)では、Bibox内でしか使えない独自通貨であるBibox Token(ビボックストークン)略称でBIXが発行されています。

このトークンを利用することで、手数料が最大で50%割引になります。この点は、バイナンスエフコインと同様の仕組みになっています。

Binanceでは買えないアルトコインの購入も可能

Binance(バイナンス)で扱っていないアルトコイン『Loom Network』や『Credits』、『Polymath』などの取引が活発です。

上記通貨以外にも、でしか取り扱っていない銘柄が複数あるので、大きな値上がりを狙いたい方は、Kucoinの草コインを購入することも選択肢の一つでしょう。

Bibox(ビボックス)のデメリットは?

アルトコインは開発中止になる可能性がある

アルトコインは、開発チームの素性やその用途が未知のため、開発状況によっては急激に上昇する可能性も含んでいますが、開発が失敗したということで無価値になる可能性も秘めています。

Bibox(ビボックス)の口コミと評判

ビボックスバイナンスエフコイン同様トークンを利用すると手数料が割引になるなどいい条件は揃っているので、今のうちに口座を開設しておくに越したことはないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です