BITPOINTでハッキング被害発生!?安心して資産を預けるならどこの取引所?

仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京港区)から約35億円相当の仮想通貨が不正流出した事を親会社であるリミックスポイントが発表しました。

概要


リミックスポイントの発表によると、ビットポイントは7月11日取引システムに、仮想通貨の送金エラーを発見。
調査を行なった結果、管理するホットウォレットから仮想通貨の不正流出を確認。
流出額のうち、25億円相当が顧客からの預かり分で、残りが同社が保有していた仮想通貨とのことだったと発表している

ハッキング発覚までのタイムライン

7月11日
 22時12分頃 リップルの送金に関するエラーを感知
 22時39分頃 リップルの不正流出を確認、他の通貨の流出に関する調査
7月12日
 2時00分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認
 3時00分  ビットポイントが緊急会議を開く
 6時30分  ビットポイントが仮想通貨の送受金を停止
 10時30分  全てのサービスを停止

ユーザーの声

コインチェックについでのハッキング被害となり、暗号資産の一般的な評価は大幅に下がってしまっていると思われます。
ですが、今回の1件で価格が下がった場合買い増しのチャンスとらえているユーザーも一定多数います。

下がったタイミングで購入し、取引所ではなくクールウォレットなどに移しておく事が重要でしょう。
まだお持ちでない方は早めの購入をお勧めします。

ウォレットに入れないという方はDMM BitcoinGMOコインなど大手の取引所であり、セキュリティ性が高いとされる取引所に移すなど対応を早めにしましょう。

 

LINE@で取引所の最新情報を配信中!!

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

DMM Bitcoinで新規口座開設キャンペーンを実施中!

GMOコインサービス開始2周年記念!最大¥200,000キャッシュバックキャンペーン開始!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です