【bittrade】親会社の経営権が移動!?どこが親会社に?【ビットトレード】

ビットトレードが親会社の経営権が移動したことを発表しました。

経営権を得た会社はどこなのか?
今後の経営は安心できるのか?
調べてみました。

経営権の移動先は?

 旧(異動前)新(異動後)
株主の名称及び
代表者名
チェン・リェ・メン・エリック
Cheng Lye Meng Eric
Huobi Japan Holding Limited
クリス・リー
Chris Lee
持株比率100%100%

中国の大手仮想通貨取引所であるフオビが親会社として経営権を得ました。
世界最大級の取引所であるフオビがバックについたことでより一層安心してビットトレードを使えます。

経営権移動の目的

昨年9月に仮想通貨交換事業者として登録を完了し、正規の登録業者として、現状では仮想通貨の現物取引を中心に取引所サービスを提供しており
ます。
当社が今後、仮想通貨交換業者として一層の飛躍を実現するためには、グローバル展開する Huobi グループの資本参加をうけることで、当社が FX 企業の関連会社として培ってきたリスク管理や顧客管理のノウハウを活用して内部管理態勢の充実を図るとともに、FX事業以上にビジネスリスクが高い仮想通貨ビジネスのリスクに備えたリスク資本の確保が重要であると考えております。

資本参加するHuobiグループは、2013年から仮想通貨の中心地である中国において、大手仮想通貨取引所として豊富な経験を有しており、それに裏付けられた資金力を有しています。Huobiは、今後、すみやかに当社への出資を行う方針であり、当社は、Huobiの支援を受けることで経営の安定性を高めることができるだけでなく、今後の事業拡大に向けたリスク資本の有力な調達先を確保し、経験を裏付けとしたデジタル資産交換プラットフォームを運営するための高い技術力と専門性およびセキュリティシステムの提供を受け、コンプライアンス体制を確立することになります。
また、Huobiから、グループ総勢500人を超えるエンジニアの知見を活かしたビジネス面での幅広いサポートを得ることにより、当社事業の成長を一気に加速させることが可能となります。

今後の方針

基本的なビジネスの枠組みを変える方針はなく、現在ご提供させていただいているサービスもそのまま継続させていただきます。
お客様第一を基本に、当社が関連会社としてオンライン FX 業界でこれまで培ってきたリスク管理や顧客管理などのノウハウを最大限に活かして、内部管理態勢の充実を図り、お客様が安心してお取引いただける環境づくりに注力するとともに、仮想通貨関連サービスを拡充し、クオリティーの高いオンライン取引サービスを提供できる会社を目指してまいります。

ユーザーの反応

 

LINE@で取引所の最新情報を配信中!!

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

最大23,000円のキャッシュバック実施中!!

最大3,000円相当の仮想通貨もらえる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です