【米国市場進出を発表!】リキッドグループ、バーチャルカレンシーパートナーズが合弁会社を設立!【Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)】


金融庁の登録を受けた仮想通貨取引所「Liquid by QuoineLiquid by Quoine(リキッドバイコイン、以下「Liquid」)」を運営するQUOINE株式会社を傘下に持つリキッドグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:栢森 加里矢、以下「リキッドグループ」)とVirtual Currency Partners(バーチャルカレンシーパートナーズ、以下「VCP」)は、米国市場進出のため、合弁会社 Liquid Financial USA Inc. (以下「Liquid USA」) を設立したことを発表しました。

発表内容

今回の米国進出は、先般発表した10億米ドル(約1,110億円)以上の評価額を獲得し、日本で現時点で2社目となるテック系ユニコーン企業となったシリーズCラウンドにおける資金調達を背景に、Liquidの主要市場への参入の第一歩となるものです。

VCPは、フィンテックや仮想通貨業界に投資している、成功を収めた投資家や起業家からなるコンソーシアムです。 VCPは、日本の大手ベンチャーキャピタルファンドJAFCOの米国部門であるJAFCO America VenturesのプレジデントやGlobespan Capital Partnersのエグゼクティブマネージングディレクターとして30年以上に渡り高成長企業への投資に携わった経験も持つ、Barry Schiffman会長が率いています。 Schiffman氏の日米投資の豊富な経験とJAFCOの継続的な支援を受けて、Liquidは米国市場に参入します。

リキッドグループとVCPが投入する資本、技術および資源によって、Liquid USAはFinancial Crimes Enforcement Network(米国金融犯罪取締ネットワーク、FinCEN)に登録された金融サービス事業を提供するIQX社を買収し、LiquidはIQX社を通して米国市場へアクセスすることとなります。Liquid USAは米国規制当局の承認を条件として、Liquidのすべてのサービスを米国市場に提供することを計画しています。 規制当局の承認が下りた暁には、Liquid USAは、米国の顧客がLiquidのネイティブトークンであるQASHを利用したり取引したりできるように計画しています。Liquid USAのオフィスは、ニューヨーク州ニューヨークとジョージア州アトランタにあります。

リキッドグループ共同創業者・CEOの栢森加里矢氏

「米国は仮想通貨業界にとって世界最大の市場のひとつであり、米国市場でのサービス提供については我々のコミュニティや取引先企業・機関投資家から広く関心を寄せられています。 今回の合弁会社設立とIQX社の買収は、我々の米国における事業展開を約束するものであり、プラットフォームの成長を加速するためにVCPと協力できることを楽しみにしています。今回、2003年からGlobespan Capital Partnersで働いていた時代の私のメンターであり、Globespan Capital Partnersの共同創設者で元エグゼクティブマネージングディレクターであるBarry Schiffman氏と再び一緒に働けることを、個人的に大変光栄で嬉しく思っています。」

VCP会長Barry Schiffman氏

「仮想通貨とその領域における多くのプレーヤーを研究して1年近く経った後、私たちはLiquidと、Liquidが日本で最初に金融庁登録を受けた世界でトップ5の仮想通貨取引所としてこれまでに構築した非常に強力な基盤に、非常に感銘を受けました。Globespan Capital Partners時代からの関係を基に、再びMike(栢森)と働けることを嬉しく思います。Liquidファミリーに参加し、米国進出をリードすることを楽しみにしています。 」

ユーザーの反応


現在キャンペーン中の取引所ランキング

1位:DMM Bitcoin

総合評価5.0
初心者へのおすすめ度5.0
手数料のやすさ4.5
取扱銘柄数5.0

「DMM Bitcoin」は大手企業のDMMが運営している販売所ですので、『信頼性がある取引所』として人気があり、画面の使いやすさやレバレッジ取引ができるという魅力も持ち合わせています。 また、使いやすいモバイルアプリが用意されていることから初心者でも安心・便利に使用することが可能です!

5月のキャンペーンが開始され、5月の4大キャンペーンとして5月1日までの開催となっています。終了間際ではなく早めに登録しておくのがポイントです。 口座開設だけで¥1,000のプレゼント!入庫、取引で最大¥5,000のプレゼント!抽選で¥10,000のプレゼントも貰えるかも!?

更には11月28日からスプレッドキャンペーンを開始し、初めての方でもリップルをはじめとしたアルトコインのレバレッジ取引にも対応していることから、FXをはじめたい方も絶対に登録しておきたい取引所のひとつとなっています。

2位:BITPOINT(ビットポイント)

総合評価5.0
初心者へのおすすめ度5.0
手数料のやすさ4.5
取扱銘柄数4.5

「BITPOINT(ビットポイント)」は現在口座開設者が急増中の取引所で、その理由はなんといってもそのセキュリティ性と、東証2部上場企業である「リミックスポイント」が親会社についているという安心感があります。

取引所で扱っている銘柄数もその数を増やしており、さらにはFX・レバレッジ取引も可能となっているため、今登録するなら非常にオススメできる取引所です。

しかも現在は期間限定で「リップル有効化費用全額キャッシュバック」キャンペーンを行っています。口座開設には1週間程度時間がかかるためキャンペーン期間終了の前に早めに登録しておくのがポイントです。

3位:bitbank(ビットバンク)

総合評価4.8
初心者へのおすすめ度5.0
手数料のやすさ5.0
取扱銘柄数4.0

「bitbank(ビットバンク)」の特徴はその手数料のやすさと資産管理の安全性にあります。

「coincheck(コインチェック)」がハッキング被害にあった際も、「bitbank(ビットバンク)」はコールドウォレットと呼ばれるインターネットから隔離したウォレットで顧客資産を保管していたことを表明しており、そのセキュリティ意識の高さが取引所としての安心につながっています。

また、現在はリップルの出来高ランキングキャンペーンを毎週行っていますので、ぜひこの機会に登録しておくことをおすすめしております。

特にはじめて仮想通貨を購入される方は手数料が非常にネックとなるポイントであるため、手数料が安い「bitbank(ビットバンク)」で購入しましょう。

 

LINE@で取引所の最新情報を配信中!!

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

DMM Bitcoin4月の春の4大キャンペーン開催!

BITPOINTからの平成最後の口座開設キャンペーン開始!最大で10,000円相当のXRP(リップル)がもらえる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です