【マウントゴックス】再生債権の届出を開始!10月22日まで!

マウントゴックス社が民事再生手続きを進め、ビットコイン債権者による再生債権の届出の受付を開始することを発表しました。
マウントゴックスが保有するとされるビットコインは約20万で、ハッキング事件から4年以上たった今、債権者の手に戻るのかどうか注目されています。

締め切りは10月22日まで

 債権者は、オンラインで再生債権を示す書類を提出することが可能です。
締め切りは10月22日。マウントゴックスの口座にアクセスできない人は、小林氏が指定する住所に債権者としての資格証明書を送る必要があります。
また、全ての法人も郵送で届け出をしなければいけませんが、小林氏は「準備出来次第すぐに」オンラインで手続きできるようにすると発表しています。

破産手続きを進めていた、、

 当初マウントゴックスは破産手続きを進めていました。
6月22日に東京地裁により民事再生決定の判断が下されたことにより、ビットコインを現金化して債権者に分配するのではなく、そのまま分配する可能性が生まれました。
4日に変更された民事再生計画案では、債権者への資金返還は、債権者の希望に沿って既存の仮想通貨取引所口座、あるいは新しく開設する口座へ、ビットコイン(BTC)およびビットコインキャッシュ(BCH)で行われることが記されています。

今後の市場

 仮想通貨市場では、民事再生手続開始は破産管財人がビットコインを売れなくなることを意味していて、相場にとって好材料だという見方が出ていました。
 マウントゴックスは、世界最大の仮想通貨取引所だった2014年2月にハッキング攻撃を受けて約85万ビットコインを消失させたことにより破産手続きなどを行なっていました。

ユーザーの反応

現物での返還保証ということになりそうで、過去マウントゴックスでビットコインを保有していたユーザーは歓喜の嵐のようです。
このような事件がありセキュリティの重要性は非常に高いです。

現在の国内取引所の場合、話題のコインエクスチェンジや、今登録者が急増しているビットポイントがセキュリティがしっかりしているため安心して使えます。

筆者的にはビットポイントがイチオシなので紹介させていただきます!

新しく取引所の口座を開設するなら

  • 今使っている取引所の対応が悪くて不安
  • 取引所の開設は初めてだけど、どこを選べばいいかわからない

という場合には、ビットポイント(BITPoint)を利用してみるといいかもしれません。

ビットポイント(BITPoint)最大の優位性はカスタマーサポート。

初めてだとなかなか難しい取引所の使い方もカスタマーセンターの人が電話で教えてくれるので迷いません。これは他の取引所にはない圧倒的に便利なポイントです。

また、顧客資産を「分別管理」しているのでセキュリティー面も安心です。

「今の取引所に不満がある」「どの取引所がいいかわからない」そんな方はビットポイント(BITPoint)を利用してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です