【Zaif】運営会社テックビューロが分社化!?問題でもあったの?【ザイフ】

ザイフの運営会社テックビューロが分社化することを発表しました。

分社化に至った理由など詳しい発表内容をまとめました。

新会社設立の背景と目的

テックビューロ は、設立以来〝トークンエコノミーの創造〟をミッションに掲げ、プライベートブロックチェーン製品「mijin」や仮想通貨取引所「Zaif」、企業の ICO による資金調達と企業の持つアセットのトークン化を支援する総合プラットフォーム「COMSA」を通して、様々な企業のブロックチェーン技術導入を支援して参りました。2018年を商用ブロックチェーンが本格化する重要な年と位置付け、mijin v.2(catapult)のオープンソース公開やクラウド型BaaS*など新サービスを積極的に導入していく中で、ソフトウェア開発・販売事業と仮想通貨取引所「Zaif」事業を分離することにより、各事業の責任と権限を明確にし、より効率的かつ効果的な事業運営を実現すべく、テックビューロホールディングスとして分社化するに至りました。

当社はこの度の分社化により仮想通貨取引所「Zaif」に注力することが可能となりますので、お客様に選ばれ続ける取引所であるようお客様の利便性向上に向けた一層の態勢整備を進め、企業価値の向上を図って参ります。
引き続き、当社およびテックビューロホールディングスにおける事業に関しまして、ご理解ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

*クラウド型BaaS:Blockchain as a Serviceの略。従来のインストール作業が不要になり、クラウド上で使用できる状態に最短で実行できる環境。

ICO総合プラットフォーム「COMSA」について

ICO総合プラットフォーム「COMSA」事業につきましては、分社化に合わせ国内ソリューション事業とソフトウェア事業とに分割し、ソフトウェア事業をテックビューロホールティングスに承継いたします。分社化後は、テックビューロホールティングスにおいて、 COMSA CORE・HUB等のソフトウェア開発に同社の資源を集中することで、ICO総合プラットフォームの実現に向けた準備を推進して参ります。

他方、国内ソリューション事業(ICOコンサルテーションやトークンの作成と販売等)についてはテックビューロホールティングスとの連携を前提に当社の事業として存続いたします。もっとも、ソリューション事業を適法に行うためには、資金決済に関する法律の規定に従った顧客保護や適切な業務遂行のための態勢整備が求められるところ、現在ICOにより発行されるトークンの法的位置づけや自主規制の内容については、業界全体で議論が行われているところであり、当社としても、日本国内において適法、適切にソリューション事業を行うためにはこれらの議論を待つ必要があると考えております。

COMSAトークン購入者様への情報提供等について

当社が2018年3月8日に発行したホワイトペーパーRev.1.3に関する情報提供及びお問い合わせへの対応については、COMSAトークンの販売を行った仮想通貨交換業者として当社が引き続き行って参ります。

新会社概要


名 称  :テックビューロ ホールディングス株式会社
所在地  :東京都千代田区東神田二丁目一番八号
代表者  :代表取締役 朝山 貴生
事業内容 :ソフトウェア開発・販売事業
従業員数 :約6名
資本金  :1,000万円
設立年月日:2018年7月2日
事業開始日:2018年7月2日
主な株主 :朝山貴生
      朝山道央
      アララ株式会社
      インフォテリア株式会社
      株式会社オウケイウェイヴ
      株式会社カイカ
      株式会社新生銀行
      株式会社ジャフコ
      日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合(略称NTVP)
      株式会社広島ベンチャーキャピタル
      株式会社フィスコ
      株式会社マネーパートナーズグループ
      他
      ※五十音順
子会社 :テックビューロ ・ヨーロッパ株式会社(海外事業/所在地:スイス連邦ツーク州)
      テックビューロ・アメリカ株式会社(海外事業/所在地:米カリフォルニア州)
      株式会社クリプトマイニングジャパン(仮想通貨マイニング総合ソリューション開発事業)
関連会社 :テックビューロ 株式会社(仮想通貨交換業、ICOソリューション事業)

今後の展望

2015年9月、世界に先駆けて商用のプライベートブロックチェーン製品「mijin」を発表して以来、300社以上の企業・団体様に同製品をご活用いただき、発表は伴わずとも既に数多くの実用ケースも生まれております。
また、2015年3月に仮想通貨取引所「Zaif」を立ち上げて以降、2017年9月には仮想通貨交換業の登録を得て、仮想通貨交換業のパイオニアとして事業を行って参りました。今後も「Zaif」における円滑な取引推進のため、一層の態勢整備を行うとともにテックビューロホールディングスと連携しながら総合プラットフォームの実現に向けて尽力し、本格的なトークンエコノミーの未来を築いて参ります。

ユーザーの反応

ネガティブニュースではないのでユーザーからの反応も悪くない様です。
ただ、ザイフが今後どの様になっていくのか心配になっているユーザーも多少はいる様ですが、機能のリニューアルなど使いやすさを求めてリニューアルなどしているので初心者の方にお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です