【QUOINEX】コインエクスチェンジに上場した仮想通貨「YUKI」とは?【コインエクスチェンジ】

コインエクスチェンジに上場し話題となっている仮想通貨「YUKI」について情報をまとめてみました。

YUKI(ユキ)とは?

YUKI(ユキ)は、「株式会社Currency Design」という本社を北海道札幌市に構える企業が2018年6月に発行したERC223で作成された国産の仮想通貨になっています。

「株式会社Currency Design」はYUKIコインの先駆けとなる仮想通貨プロジェクト「AP(HUC)」の中心メンバーによって立ち上げられました。

YUKIの特徴

北海道発の仮想通貨プロジェクト
第一次産業の活性化を目指す
地域活性化の支援

私達が手にする食材の価値は「コスト」や「品質」と言った数値化出来る物によって決まっています。

生産者の想いや情熱がどれだけ強く努力しても、現在の資本主義モデルでは大量生産によるコストの削減や、設備への投資などはなかなか実現することができません。

そのような現状が続いてしまえば、食材の質は下がり続けてしまいます。

生産者のモチベーションが下がれば生産しない道を選ぶことも増える方向にいってしまう可能性もあるでしょう。
第一次産業が抱える人材不足の課題は、そのような側面にも原因があると考えられます。

また、地域の過疎化も大きな社会問題となっていますが、組織構造上、予算や意思決定の面で自治体の意向次第では迅速に行動出来ない問題があります。

YUKIではそのような第一次産業と地域過疎化の問題を解決するために発行されました。

人材育成支援


YUKIの運営メンバーは学生発の仮想通貨プロジェクト「Academic Points」創業コアメンバーによって構成されています。

そのため、学生の発想や個性を未来への価値として新たな社会創出のための人材育成支援を目標としており、学生の柔軟な発想をYUKIプロジェクトのビジネスに積極的に反映することで新しいビジネスの創出を目指します。

食品生産者の透明化


現在食品の流通経路の表示を義務化しているのは牛肉と米のみですが、加工のタイミングや流通ルート次第では改ざんも可能となっています。

そのため食の安全性の面ではまだまだ不安要素が大きく、信頼性が担保されているとはいい難い状況となっています。

ブロックチェーンを活用することで食品のトレーサビリティ(追跡可能性)を実現することが出来ます。

作物の種子や受精前の遺伝資源の流通経路や栽培される畑の環境などをブロックチェーン上に記載することで、低コストかつ信頼性を担保することが可能となっています。

地域の価値を可視化出来るプラットフォーム


地域の活性化をするためには移住の促進だけでなく、ふるさと納税など地域の価値を可視化することが出来る経済モデルがあります。

これを参考に地域の魅力である価値に投資することが出来るクラウドファンディングのようなコミュニティ仲介プラットフォームを構築する予定になっています。

ブランド牛育成システム


過疎化が進んだ地域では後継者の担い手が見つからず、経営状況が良いにもかかわらず事業継続を断念する年配の牧場経営者が多く存在しています。

YUKI運営メンバーには牧場経営に精通しているメンバーも在籍しており、そのような背景から牧場を新しい経営者に引き継ぎ、ブランド和牛の育成事業を遂行します。

こうすることで地域活性や雇用機会創出に繋がります。

ホルダー参加型のビジネス


YUKIはホルダーとのコミュニケーションを大切にしており、Discord内で要望の多いアイデアをビジネスプランとして採用検討します。

実現可能なアイデアを実行し、要望をフィードバックする運営とホルダーが表裏一体となる「リバーシブルシステム」によるビジネス展開で持続的経営を進めていきます。

ユーザーの反応

今話題の仮想通貨「YUKI」を購入する為にはコインエクスチェンジでの口座開設が必要となります。
YUKIに興味がある方は以下のリンクからどうぞ!

 

LINE@で取引所の最新情報を配信中!!

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

DMM Bitcoinへの登録で、もれなく最大10,000円のキャッシュバックがもらえる!

BITPOINTからのクリスマスプレゼントで、3,000円相当の仮想通貨がもらえる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です