【GMOコイン】でリップル(XRP)の取り扱いが開始!【11月29日】

GMOコインでリップルの取り扱い開始が発表されました。
9月にイーサリアム、ビットコインキャッシュ
10月にライトコインの取り扱いが実装され、リップルで4種類目のアルトコインの取り扱いが実装されます。

今回の発表に関する概要などご紹介していきます。

GMOコインとは?


2017年5月31日に運営が開始され、今後取引通貨の種類を拡大化させていく予定の取引所になっています。

GMOコインの運営会社は?

会社名 GMOコイン株式会社
資本金 5億円(準備金含む)
会社情報 代表取締役 若松 剛史

本社所在地
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー

設立年月日 2016年10月

2016年10月11日に設立したGMO Wallet株式会社(代表取締役社長:若松 剛史 以下、GMOウォレット)を準備会社として、仮想通貨の交換および取引事業に参入することを正式に決定し、社名をGMOコイン株式会社とあらためてスタートしました。

代表取締役 若松 剛史

GMOクリック・インベストメント株式会社監査役、財務部長、経営管理部長、GMOクリック証券株式会社経営管理部長、GMOクリックホールディングス新規事業開発室長などの経歴を持ち、2016年10月にGMO Wallet株式会社の代表取締役社長に就任しました。

実装日はいつ?

11月29日(水)16:00からの予定となっています。
リップル取り扱いにあたり15:00~16:00にメンテナンスが実装されます。
メンテナンスが長引かなければ上記時間からの取り扱い開始になります。

取り扱い通貨

bit
bitcoin(ビットコイン)
仮想通貨の代表格のビットコインです。
時価総額NO.1
認知度NO.1
ether
Ethereum(イーサリアム)
スマートコントラクト代表格の仮想通貨。
時価総額NO.2
EEAにトヨタ自動車が加盟!
ec
Ether Classic
(イーサリアムクラシック)
イーサリアムの分家のような仮想通貨です。
ETCファンドで注目の銘柄!
xrp
Ripple(リップル)
金融プラットフォーム
大手金融機関が参入

Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)
ビットコインがハードフォークして誕生した通貨。

急成長中のGMOコインの登録はしておいた方がいい


GMOコインでアルトコインの取り扱いが増え、
先日、アルトコインFXの実装を予定しているとのことも発表されましたのでこれからさらに注目が集まってくる取引所です。
GMOという大企業が運営している取引所なので安心感もあるので登録だけ済ませておいても損はないでしょう。

GMOコインで購入する前に!口コミ・評判をチェック

2017.06.19

【GMOコイン】でアルトコインレバレッジ取引実装予定!仮想通貨FXのメリットをご紹介!

2017.11.01

 

LINE@で取引所の最新情報を配信中!!

\友だち追加してもユーザー名は表示されません/

友だち追加

最大23,000円のキャッシュバック実施中!!

最大3,000円相当の仮想通貨もらえる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です