【SBIバーチャルカレンシーズ】仮想通貨交換業開始のお知らせ

大手ネット銀行も運営するSBIグループが仮想通貨交換業の開始を発表しました!

どのような取引所になっているのか詳細をまとめてみました!

SBIバーチャルカレンシーズからのお知らせ

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、仮想通貨の交換および取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(本社:東京都港区、仮想通貨交換業登録番号:関東財務局長 第00005号、代表取締役社長:北尾 吉孝、以下「SBIバーチャル・カレンシーズ」)は、本日2018年6月4日(月)より、正式に仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。当社は、2017年9月に仮想通貨交換業の登録を完了し、かねてより開業に向けて準備を進めてまいりました。このたびのサービス提供の開始にあたっては、まずは2017年10月に先行予約で口座開設のお申込みをいただいた2万名超のお客さまを対象としてサービスを開始し、取引に必要なパスワード等を郵送で順次お届けいたします。なお、一般の口座開設のお申込み受付は2018年7月中の開始を予定しております。
取扱い仮想通貨としては、まずは先行してXRPを取り扱い、順次、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)へと拡大することを予定しております。業界最低水準のスプレッドはもちろんのこと、SBI ジャパンネクスト証券の PTS において運用実績のある、米国の大手証券取引所 NASDAQ の取引システム(マッチングエンジン)を利用した世界最高水準の低遅延な取引環境をご提供いたします。
なお、セキュリティにつきましては、セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山 泰男)のグループ会社で BPO・ICT 事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:林 慶司)とウォレットの運営に関して提携し、万全の体制でのサービス提供に努めてまいります。

VCTRADEのサービス概要

取扱い仮想通貨(予定) リップル(XRP)

ビットコイン(BTC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

取引時間 7:00~翌日 6:00
取引手数料 無料
決済通貨 日本円

※出金時には、出金手数料がかかります。

 

リスク情報について

SBI バーチャル・カレンシーズで取り扱っている商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。なお、本プレスリリースは投資の勧誘や仮想通貨の売買を推奨するものではありません。

ユーザーの反応

SBIに期待する声が続々と上がってきています!

金融大手のグループ会社ということで安心感もありますね。
他にも大手のグループ会社ということでGMOコインDMM BITCOINも安心して使えるので開設しておいても損ではないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です